記事一覧

年寄りをいじめる値上げの嵐

 6月2日 金曜日

 北陸地方は、昨晩から雨模様になりました。今日の昼間も時々雨が降って涼しい一日です。
 今日の大きいニュースは
 ① アメリカのトランプ大統領パリ協定脱退発表・・・・トランプ氏の選挙公約とは言え各国から非難の嵐です。 
 ② 日経平均終値20177円と20000円を超えました。
 ③ 日本銀行のバランスシートが初めて500兆円・・・・金融緩和による国債買い上げで国債残高は427兆円となりました。
です。特にアメリカのパリ協定離脱は温暖化対策を地球規模で取り組もうというものだけにビックニュースですね。 

温暖化

 のんびりと毎日を暮らしていますが、昨日から値上げが相次いでいることに気が付きました。
 次の記事です。

 暮らしに直結するさまざまなものが2017年6月1日、値上げされた。
   日本郵便は、はがきの郵便料金を52円から62円に引き上げた。消費税の導入や増税にともなう変更を除けば、1994年1月以来の値上げとなる。年賀はがきの料金は、52円で据え置かれた。
   明治と森永乳業は6月1日の出荷分から、家庭用バターの価格を5円引き上げた。スーパーや量販店では、ビールや発泡酒の一部が値上がりする。酒類の過剰な安売りを規制する改正酒税法が1日から施行されたためだ。
   電力大手10社と都市ガス4社は、液化天然ガス(LNG)の輸入価格の上昇を背景に、6月の料金を20円から65円引き上げる。


 昨日、年金額が6月から下がるとの通知が届きました。同時に郵便料金などの値上げが実施されていたんですね。このほかに車のタイヤの値上げもでていました。
 収入が年金だけになると物価上昇は家計を直撃します。

 日本郵便は立派な建物に高い給料なのにコストダウンはしないのか。
 バターは天下り団体がいいかげんな輸入体制をしているからじゃないか。
 ピールや発泡酒は安売り防止が目的というが安売りの何が悪いんだ。
 電気やガスの値上げは輸入価格の変動をそのまま価格に乗せているが企業努力はないのか。

などと的外れかもしれませんが次から次へと文句が浮かびます。
値上げ

 でも、よく考えてみると安倍内閣はアベノミクスで物価上昇を目標にして、日銀に大規模な金融緩和を実施させています。そして、賃金を上昇させるために公務員の給与抑制を解除し、日経連に賃金上昇を働きかける官製春闘を実施してきました。それに加えて公共事業を増やしています
 国としてこれらの物価を挙げることを目的に政策運営をしているのですから、値上げが相次ぐのは当たり前なんですね。
 文句を言ってもダメなんですね。


 先日スーパーに言ったら卵1パック98円に長蛇の列が続いていました。私も並びました。自衛手段と言ってもこのくらいしかありませんから。あきらめるしかありません。

 でも、本当に怖いのはアベノミクスで増え続ける国債発行残高が1100兆円に積みあがろうとしていることです。税収が45兆円を上回る程度の日本でこの借金を返せるわけはありません。世界中で初めて出現した膨大借金国家日本、この先どうなるのでしょうか。ハイパーインフレでしょうか。
 収入の限られている老人を直撃する値上げは、始まったばかりかもしれません。


 今日は6月1日からの値上げに関して国の借金まで心配してしまったさかやんです。将来が不安なだけに今まで我慢してできなかったことを早くやっちゃわないといけないと思っています。
 来年は離島めぐりを少しでも絶対にやるぞ!!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

同感です

おはようございます。
国債発行額の不安は同感です。
国会議員は目を背けていて、自分の借金でないので
使い放題と言った感があります。
「将来が不安なだけに今まで我慢してできなかったこと」
とありますが、我慢していたことって何か気になりますね(笑)

たびいくひとさん、おはようございます

コメントありがとうございます。歳を取ると性格は丸くなり何事にも達観してくると聞いていたのですが、なかなかそういうわけにはいかないようです。書いたことを読み直していると世間を斜めに見ている自分が感じられます。お国のお金の使い方に文句を言ってみても仕方ないのにと思ったりしています。

円高願望

トランプ大統領閣下、どうか円高にしてください。
輸入一次産品値上げで、年金生活者は困っています。
当方、デフレ歓迎なんて言ってる非国民。

同感です

MKさん、こんにちは。私はデフレがなぜ悪いのかわかりません。みんなを不幸にするインフレよりずっといいと思います。社会が発展して生産が増えればコストが下がるので物価が安くなる。ロボット化が進んてコストが下がり物価が安くなる。どう転んでも現代社会はデフレにしかならないと思うんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
50歳代で定年前に退職し何となく10年ほど経過した男性です。趣味もなく、得意技もなくこの先、乗り切っていけるかしらと不安いっぱいですが、まじめに正直に過ごしていきたいと思っています。