記事一覧

なすが青枯れ病になっちゃった

6月11日 日曜日

 こんばんは、今日は一日終わったはずの庭木の剪定をやり直したりしていました。
 そこで、なすが萎れているのを見つけました。数日前から葉が萎れているかなぁとは思っていたのですが。
 これは青枯れ病です。過去20年以上こんなことはなかったのに。なす科の野菜はキチンと3年間場所を変えて植えていたのに。

 こんな状態です。
DSCN0973.jpg

 青枯れ病について調べてみました。

 被害
 はじめ、日中に萎れ、朝夕や曇雨天の日は回復するが、次第に萎れは激しくなり、やがては青枯状態になってついには枯死する。茎の導管部は褐変し、切り口から汚白色の汁液がしみでる。病気の進行は早い。

 発生
 気温が20℃を超えると発生し、夏季の高温時に発病は激しくなる。被害残渣とともに土壌中に生存していた病原菌が、主に作業中にできた傷口やネコブセンチュウ、コガネムシの幼虫などによる食害痕から侵入する。連作畑、養液栽培で発生しやすい。

 防除
 抵抗性台木を利用する(レースが分かれているので注意する)。連作しない。耐病性品種を作付ける。毎年発病する圃場では抵抗性台木に接ぎ木する。作型をずらし、地温の低い時期に作付ける。高畦にし、排水を良くする。シルバーマルチや敷きわらなどで地温の上昇を防ぐ。センチュウ類や土壌害虫の防除をする。発病株は直ちに抜き取って処分する。養液栽培では水温を20℃以下に管理する。


 これまで接ぎ木を使っていたから大丈夫だったんだと納得しました。青枯れ病にかかった苗は処分と書いてありました。取り除いた場所がぽっかりと空きましたが、他の苗にも伝染しているかもしれません。しばらく様子見です。

DSCN0974.jpg

 なすは夏には欠かせない野菜です。浅漬け、豚肉とみそ炒め・・・・・・・どこかで接ぎ木苗を調達してこないといけません。
 接ぎ木苗は200円くらいするんです。接ぎ木でない苗は100円と半額なんです。少しケチって夏の楽しみがなくなったら大変です。これも安物買いの銭失いでしょうか。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ナスの大敵

おはようございます。
我が家の茄子も、すぐ病気にかかります。
てっきり半身萎凋病だと思っていたのですが、
青枯れ病にも似ていますね。
暑くなると発症し、秋になると復活している
ようですが・・・。
今年接ぎ木に挑戦したのはそのためです。
台木に耐病VFを使いましたが、気になって
調べて見ると、半身萎凋病には良いようですが
青枯れ病には使わないようにとのこと・・・。
いっぺんに心配になりました。
調べて見ると「青枯れ病が茎の上部からしおれ
始めるのに対し、半身萎凋病は根元の下葉から
やつれ」とありましたが・・・。
我が家は下の葉から枯れてきますので、萎凋病
なのかも知れませんが・・・。

参考になります

たびいくひとさん、おはようございます。何も知らずに植えて、肥料をやって、収穫しての家庭菜園です。とても参考になりました。ありがとうございます。

No title

こんにちは。
私は遅くなったのですが、昨日ナス1本とピーマン1本を植えました。1本しか植えなかった理由は、家庭菜園を始めたばかりなので、どんなものか分からないからです。今年、うまくいったら、来シーズンは少し本格的にやろうかと思っています。
ところで、介護職に就いたのは以前の事だったんですね。失礼しました。

家庭菜園いいですね

さかやんさん、こんにちは、
私は会社に勤めていた時は、借りていた家庭菜園をやっていて、茄子やキュウリなどを植えていました。植えるのが早すぎて、殆ど枯れたこともあったのですが、結構楽しかったですね。
マンション住まいなので、庭がなく、借りるところを
探さなくてはいけないのですが、さかやんさんのブログもを読んで、またやってみたくなりました。

オッカイポさん、ありがとうございます

介護職間関係では失礼しました。書き方が悪かったので今後注意します。家庭菜園というほどのものではないのですが夏野菜だけ20数年やっています。毎日の成長を見守ったり、育ちが悪いといろいろ調べたりとはまりますよ。

かず吉さん、おはようございます

コメントありがとうございます。マンション住まいはうらやましいです。一軒家は冬になるといつも除雪作業です。雑草取りも面倒です。いつも暇だからできるんですけど勤めていると厳しいです。やはりマンションのほうがいいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
50歳代で定年前に退職し何となく10年ほど経過した男性です。趣味もなく、得意技もなくこの先、乗り切っていけるかしらと不安いっぱいですが、まじめに正直に過ごしていきたいと思っています。