記事一覧

お代官民主主義

 6月25日 日曜日

 早朝から雨になりました。午前7時2分にぐらぐらと揺れが来ました。忘れたころにやってくる地震です。
 長野県南部を震源とする地震でした石川県は震度2程度、大したことはなかったのですが油断していました。万が一の時の備えは全くしていません。今回の地震はいい教訓になりました。


 さて、土日はテレビのワイドショーもお休みで加計学園も豊洲移転も聞くことなく過ごしています。昨日安倍総理が加計学園問題で獣医学部設置が全国で1か所にしたことが国民の疑念を生んだので、全国に広げていくことにしたいなどと話されていました。
 びっくりしました。あの辺鄙な今治に1校作るから何とか経営が成り立つような感じでしたが、全国に広げると今治の加計学園は最悪のケースとして生徒が集まらず閉校、そうすると今治市などが加計学園に贈与した100億円は無駄になってしまいます。大丈夫なんでしょうか。


 私は、今回の森友学園や加計学園の問題を見ていると日本という国はつくづくお代官民主主義だなぁと思ってしまいます。
 勝手に名前を付けていますがお代官民主主義とは、いわゆるお代官と越後屋の世界です。

越後屋1

 庶民とは関係ない世界で権力者と、権力者におもねる人たちで政策が決まっていきます。我が国は第二次世界大戦で敗戦国となり、アメリカ軍が駐留し民主主義を推し進めたことになっていますが、私は古くからのお代官さまに支配される体質がそのまま残った社会だと思います。

 本来加入が自由なはずの町内会やPTAはほぼ強制加入で町の有力者や校長などに波風が立たないようにをヨイショしています。一般の人は変わったことをして村八分にあったら大変だと鳴りを潜めています。
 少し大きな話になりますが東京都で小池知事が古い体質の議会を変えると訴えていますが、まさにボスがいて利権に群がるイエスマンの取り巻きとの構図はお代官と越後屋そのもののように思えます。

越後屋3

 でも、この体質はとても危険だと思います。国に陳情して予算を取ってくる、会社では長時間労働に文句ひとつ言わずに従う、地域社会では有力者の意向ですべてが動いていく・・・・・・。私たちはこの世界に慣らされています。
 その結果、無責任な政治で累積赤字国債が1100兆円に迫ろうとしています、総理に忖度して行政が公平ではなくなっていく森友や加計学園の問題があります、学校でのいじめ問題で波風を立てないようにと教員が事実を隠すという問題があります・・・・・・・・・。

越後屋4

 世界中、どこの国でもこんなものでしょうか。よくはわかりませんが外国では自分の意見を主張するための大規模なデモが頻繁に行われています。大統領の不正を捜査できる強力な権限を持つ特別検察官が動いている国もあります。
 日本では、周囲に、特に有力者に気兼ねして根回しをすることが重要とされており、自分の意見を主張するのはテクニックがいることになっています。このような社会の中では自分の意見を主張する大規模なデモなど起こりえないと思います。
 日本は偉い人を忖度しまくるお代官民主主義の国だと思います。


 暇な日曜日に昼から焼酎を飲んで暇なことを考えるさかやんでした。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

本当にその通り、代官民主主義!
ただね、私は耳が痛い。 事なかれ主義が身に付いていて、なんでも代官様に従っている一人だから・・・(汗)

水戸黄門

おはようございます。
毎日ある水戸黄門を録画して楽しんでいます。
やはり水戸黄門がいないと、世の中よくならないでしょうか(笑)。

No title

おはようございます。

ホントそうですね・・・
政治家だけが悪いわけじゃないけど、代議士を地元民や代議士同士が「先生」と呼ぶことも間違っているような・・・
あっ、でも”反面教師”にもなってくれてるのだから、やっぱり先生なんですかね・・・

ヒノリッチさん、コメありがとうございます

済みません。私は事なかれ主義の塊です。当然地域のお代官様のご意向に逆らい波風が立たないように細心の注意を払って生活しています。歩こう会での頑張りに励まされています。

たびいくひとさん、こんにちは。

コメントありがとうこざいます。天気予報を見て思うんですが、北海道は本州よりも暖かくなるのが遅いですが急激に追いつくんですね。今まで7,8月に北海道に行っていたんですが6月中旬もねらい目ですね。

還暦おやじさん、こんにちは。

コメントありかどうございます。中国地方の背骨を走破されたご様子を知り、感嘆しています。四国よりは多少はましですが、あの一車線片側だけという県道や国道はまじでやばいです。今年は北海道に行けたら最高ですね!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
50歳代で定年前に退職し何となく10年ほど経過した男性です。趣味もなく、得意技もなくこの先、乗り切っていけるかしらと不安いっぱいですが、まじめに正直に過ごしていきたいと思っています。