記事一覧

自民党は大丈夫かと心配になる菅、稲田大臣発言

 6月28日 水曜日

 こんにちは。
 朝、稲田防衛大臣が都議選の応援で「防衛省としてよろしく。」といったとかで国民の全体の奉仕者である行政機関が特定の政党を応援している問題発言とのニュースが流れていました。
 その後、稲田大臣は発言を撤回したとのことで、いつものことだなぁと思っていました。

yjimageLXUYN45C.jpg


 ところが、お昼のニュースで菅官房長官の記者会見模様が出て「十分に説明責任を果たされている。」と続投の考えを示されました。これには驚きでのけぞってしまいました。

 稲田大臣はこう発言しました。
 「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたいと思っているところでございます」

 そして、こう釈明されました。
  「防衛省・自衛隊の活動に地元の理解と支援をいただいていることに感謝の気持ちを伝える一環として、そういう言葉を使った。あくまでも自民党として応援している」

 
 どこをどう読んでも、無理やり忖度して読んでも地元に理解と支援の感謝の気持ちを伝えているとは読めないと思います。それも自民党の候補を応援する集会での発言です。

 菅官房長官は狂ってしまったのかと本当に心配になりました。南スーダンの日報問題で部下から相手にされなかったこと、森友学園の顧問弁護士でありながら会ったこともない知らない人との嘘を話したこと、それらをすべて忘れても今回の件で説明を十分にしたと官房長官が言うとは・・・・。
 
 大勢の人がいるから中には勉強不足の人がいてもおかしくないかもしれませんが、自民党は大丈夫なのか心配になりました。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
50歳代で定年前に退職し何となく10年ほど経過した男性です。趣味もなく、得意技もなくこの先、乗り切っていけるかしらと不安いっぱいですが、まじめに正直に過ごしていきたいと思っています。