記事一覧

認知症リスクを高める睡眠負債

7月5日 水曜日

 こんにちは、朝、雨がやんでホッとしていたら今日は山陰地方が大雨です。梅雨前線が南下して九州北部にも大雨です。被害を受けられて方にはお見舞い申し上げます。
 ところで、皆さんはよく眠れますか。

 私は50代から夜の睡眠時間が短くなりました。午後11時ごろに寝るのですが、フッと目覚めるのです。時計を見ると午前2時だったりします。
 また、ある程度寝たなぁと思っていても午前4時ごろには目覚めてしまいます。

睡眠1


 新聞を取りに行って読んで、ラジオ放送の始まりを待って聞いたり、午前6時過ぎには庭に出て菜園を点検したり・・・。睡眠時間は5時間くらいです。そのせいか昼食が終わって1時間くらいすると急激に眠くなるんです。
 こんなものなのかなぁと思っていました。

睡眠2

 そんなときです。6月18日のNHKスペシャルで〈睡眠負債が危ない~“ちょっと寝不足”が命を縮める~〉とのテーマで「睡眠負債」について放送していました。

 放送では次のように説明していました。
 1日6時間程度ねむり、自分では睡眠に問題はないと思っている人でも、実はわずかに睡眠が足りておらず、その影響がまるで借金(負債)のように蓄積することがわかってきました。いま睡眠を研究する専門家たちは、この「蓄積する睡眠不足」を「睡眠負債」と名づけ、対策の重要性を指摘しています


 そして、そのダメージは次の通り研究により明らかになっているそうです。
 ・ 脳のパフォーマンスは「6時間睡眠を2週間続けた脳は、2晩徹夜したのとほぼ同じ状態」になります。

 ・ 実験的に睡眠を不足させたマウスでは、がん細胞が増殖しやすくなることがわかりました。本来ならがん細胞を攻撃するはずの免疫細胞が、睡眠不足の場合、がん細胞の増殖を手助けするようになる可能性が見えてきたといいます。

 ・ マウスを使った実験で、睡眠中にアミロイドベータと呼ばれる脳のごみが排出されることを突き止めました。アミロイドベータは、認知症の最大の原因であるアルツハイマー病の原因物質とも言われており、発症の20-30年前から蓄積するといわれています。つまり、働き盛りの時期に十分な睡眠をとっていないと、数十年先に認知症になるリスクを高める可能性があるのです。


 恐ろしいですね。しかも睡眠はいわゆる寝だめが効かないとのことです。高齢者は若い人よりも睡眠時間が少しくらい短くてもよいそうなので1日7時間程度が目標になるのでしょうねぇ。

 よく、眠れることが大事です。番組では次のことを推奨していました。
睡眠3

年とったら早起きするようになったなぁとノンビリ構えていたのですが、 「睡眠負債」という言葉を初めて聞いて、急に心配になり慌てているさかやんです。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。オッカイポです。
私もNHKの番組を見ました。私は若い頃から不眠症で悩んでいたのですが、退職してからバタンキューになりました。よほど仕事のストレスがあったのでしょうね。今は6~7時間の睡眠ですが、なんだか絶好調です。ただ、お酒が過ぎた時は、十分な睡眠が取れていないようで、顔がむくんで体もだるいです。そんな朝が週に3日ぐらいあります。ダメですね。

おはようございます

オッカイポさん、コメントありがとうございます。6,7時間の睡眠は理想的ですね。うらやましいです。私の場合、毎日の焼酎が悪いのかもしれません。でも、それがなくなると精神不安定に陥るかもと逆に心配です。と言っていますが本当は酒をやめようとしているのですがやめられないのです。

No title

こんにちは。
慢性的な寝不足が、こんなことになるとは知らなかったですよね・・・
医学が進歩してくるといろんなことが解明され、”あっ!”と驚くことも出てきますが、すでに取り返しの効かない年代だとしたら、どうしたらいいんでしょうね。
睡眠負債よりも、”朝、ちゃんと目覚められるか?”
そっちの方が心配です(笑)

還暦おやじさん、コメントありがとうございます

「朝、ちゃんと目覚められるのか?」とのお言葉にドッキリです。さすがは還暦おやじさんです。鋭いコメントに感服しています。旅ブログファンですのでいろいろと呼んでいるのですが皆さん北海道ですね。親父さんもお気をつけて。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
50歳代で定年前に退職し何となく10年ほど経過した男性です。趣味もなく、得意技もなくこの先、乗り切っていけるかしらと不安いっぱいですが、まじめに正直に過ごしていきたいと思っています。