記事一覧

突然に訃報がありました

 7月10日 月曜日

 こんにちは、九州の避難所ではうだるような暑さの中、避難されている方は大変なご苦労です。

 さて、3月16日に私の知人で自営業を営んでいる方が突然に体調を崩され、検査入院をされた結果、重度のがんと診断された話をブログに書きました。
 その、記事はこちらです。


 その方が、昨晩深夜に亡くなられました。ご冥福をお祈りします。
 大型ショッピングセンターに出店されていたので365日ほとんど休めずに、体調の不調を訴えられたのは今年の2月ごろだったと思います。
 手術を繰り返されたのですが、医者からはもって夏までと言われていたようです。
 半年もたたない間に訃報を聞くとは思ってもみませんでした。
お悔み2

 
 ショッピングセンターからの撤退は契約違反となるので多額の違約金と原状回復の工事費がかかったそうです。
 残されたご家族の方の将来も大変だろうと思います。
 
 平均寿命が延びている中で同年代(60歳台)の方が割合は少ないのですがお亡くなりになっています。
 私の会社の同期の方でも、若いころから退職前までに亡くなられた方が結構おられます。定年まで勤めて、うまい具合に再就職したとたんに亡くなった方もおられます。

お悔み1


 その方々と比較すると、私なんぞは50歳代半ばで早々と正社員を辞めて、貧しいながらも日本全国をうろつくこと10年近く、そしてその間にパートで短期間ながらも老人施設や食品工場、警備員、焼き鳥、ラブホのベッドメイクなど多種の仕事を経験しさせてもらい、今も元気に暮らしています。
 佳人薄命といいますが、ぐーたらな私が長生きさせてもらうのはホントに申し訳ないと思います。


 人生100歳時代と言います。親戚からは生活のために働けと圧力がかからないわけではありませんが(この歳では働くところはありませんが。)、自分の足で自分の頭で行動できる間に自分のしたいことをやっておきたいと強く思うさかやんです。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

同感ですね

おはようございます。
折角定年まで勤めあげたのに、退職したとたん
命を落とされる方の話はよく聞きますね。
自分もそうならないかと心配していますが、これ
ばかりは分かりませんので楽しむことに・・・。
まだ完全リタイアではありませんが、リタイア後は
すぐに遊びに行く予定だったのですが(笑)。
我が家も今日は通夜に行ってきます。

今日はお通夜ですか

お早うございます。たびいくひとさん、コメントありがとうございます。これまで同期では10パーセント強亡くなっています。専業主婦の奥さんもおられるので大変だと思います。長生きしているものは突然の自分の死を考えて、残される者のための準備もしておかねばならないと思ったりします。最近エンディングノートを書きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
こんにちは、50歳代で早期退職し何となく10年以上も経過してしまいました。日常のつれづれを綴っていこうと思います。