記事一覧

タンス預金はどんどん増えているらしい

 7月18日 火曜日

 こんにちは、今日も暑いですね。でも新潟、福島は大雨で避難勧告が出ています。カンカン照りか、極地豪雨かという勘弁してもらいたい二者択一の天候に日本列島は追い込まれているようです。

 ところで、先月の6月27日に日銀が2017年1~3月期の資金循環統計(速報)を発表しました。
 それによると、家計が保有する金融資産の残高は3月末時点で前年同月比2・7%増の1809兆円でした。
 株価回復などで、3四半期連続で前年同月の水準を上回り、年度末としては比較可能な04年度以降で最高になりました。
 わぁー、すごいな日本人はお金持ちなんだと喜ぶ前に内訳をみていきましょう。

お金

 家計の現金・預金残高も2・3%増の932兆円となった。将来への不安と根強い節約志向で07年3月末以来、41四半期連続で前年を上回り続け、家計は手元資金を積み上げている。

② 現預金以外の家計の金融資産の内訳は、保険・年金などが1・0%増の522兆円。株式などは7・9%増の181兆円、投資信託も7・2%増の99兆円となった。昨年後半から株価が持ち直し、資産価値が高まった影響が大きかった。

③ 日本国債の発行残高は0・3%増の1083兆円だった。日銀の保有残高は17・3%増の427兆円で、保有者全体に占める割合は39・5%だった。買い入れペースが落ちていることなどを背景に、日銀の保有残高の伸び率は13年4月の大規模金融緩和の開始以来、最低となった。

④ 金融機関を除く民間企業の金融資産は6・9%増の1153兆円。設備投資は回復傾向にあるものの、企業の姿勢は慎重だ。


 家計の中で現金・預金は何と932兆円ですよ。
 ②で株式や投資信託は現金・預金以上に伸び率は高いですが、株価の上昇に伴い資産価値が上がっているからで国民は投資よりも現金・預金を選択しています。


 そして、驚くことに民間企業の金融資産が家計の現金預金残高よりも多い1153兆円もあるのです。「従業員の給料を上げたり、貧しい学生のためなどに寄付でもしろよ。」って言いたくなりますよね。

 最近家庭用金庫の売れ行きがものすごいとのニュースを見ました。家庭でも企業でもかなりの金額がタンス預金されているらしいです。
 私らにとっては全く縁のない話ですが、タンス預金を狙った犯罪も増加傾向らしいです。間違えて強盗に襲われてもかなわんわと思うさかやんです。

 また、国債発行残高が1083兆円という数字にも絶望的な気持ちになってしまいます。国だから借金はできるし、家庭のように借金の際の担保はいりません。でも借金は返さなければならないものです。公務員給与、国会議員の定数、天下り、補助金など素人の私が見ても圧縮できるものはたくさんあります。まともな政治に取り組んでもらいたいと思うさかやんです。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

 こんにちは、上場会社の社長、役員は貰いすぎていると思います、特に日産のゴーンなんぞはふざけています、あんな外国人にトップを任せなければならないのか?だから日産の車は買いません。

薫子さん、コメントありがとうございます

こんばんは、日本人って昔は長屋住まいで貧乏でしたが一部の人を除いてそんなにも格差はなかったように思います。累進課税も機能していましたしね。今は違いますよね。細かい格差の段階があり、ひがみや妬みなど精神的な豊かさに影響がある社会になっているような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
こんにちは、50歳代で早期退職し何となく10年以上も経過してしまいました。日常のつれづれを綴っていこうと思います。