記事一覧

政治がおかしくなっているぞ

7月20日 木曜日

 フランスの哲学者、ヴォルテールは、かつて「労働は我々を3つの大きな悪から逃れしめる」と言いました。
 退屈、悪徳、欲求です。

 おはようございます。3つの大きな悪の中で、なぜか、清く正しく、のんびり暮らしているさかやんです。


 政治の世界でスキャンダラスな話題が沸騰しています。
国会

① 稲田防衛大臣の虚偽答弁
  昨日報道された昨年の南スーダン部隊の日報隠しについて、防衛省高官までが報告したといているのに本人は知らないと言い張っている問題です。こういったことが何回も繰り返されているのでマスコミは安倍総理の任命責任を追及しています。
 普通のサラリーマンでもこれだけ迷惑をかけたら罷免でなくても辞職するでしょうね。

② 山本担当大臣が政府決定2か月前に獣医師会に「加計学園に決めました。」と説明していたと報道
 今後、国会の閉会中審査で明らかになっていくのでしょうが、自民党の在庫一掃で大臣にしてもららった人は資質がないと思います。
 口が軽すぎます。悪いことをやろうとするときは慎重に秘密裏に事を運ばなければなりません。その意味では、むしろ可愛い人で悪人にはなれない人なのかもしれません。

③ 蓮舫さんのに二重国籍問題
 一昨日、蓮舫さんは台湾籍がないことの証明のために戸籍の一部などを公表しました。
 この件が、なぜ大きな報道になるかと言えば、実はよくわからないのです。日本は多重国籍に関して努力義務しか定めていません。二重国籍であっても国会議員になれます。別に法律に違反していないのにネットでは蓮舫さんにぼろくそのコメントが並びます。
 反面、戸籍はその人の出自がわかるプライバシーであり、日本の出自に伴う差別を考えた場合公表すべきでないと蓮舫さんの対応を批判したものもあります。さかやんもそのように思っています。

yjimage31S8E3LH.jpg

 人の数だけ考え方がありますので、安易に批判するのもどうかと思いますが、二重国籍の場合、日本の国益以外の他国の国益を優先するのではないかというのが蓮舫さんへの批判の根拠のようです。
 バカバカしい理屈です。外国には二重国籍の議員はたくさん例があります。また、憲法で議員になるには二重国籍を禁止している国もあります。

 二重国籍でなくても上記①と②に書いたような人がたくさんいます。日本だけの国籍で自分の又は自分の会社の利益だけを考え国益を損なうことをしている人は山ほどいます。それに蓮舫さんの国籍の場合は2つの中国問題がからみとても複雑です。


 以上のようなことから蓮舫さんの二重国籍は大したことではないのに・・・・・・と思うさかやんです。

 今日の朝刊から政治のことで、思ったことをつらつらと書いてしまいました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
こんにちは、50歳代で早期退職し何となく10年以上も経過してしまいました。日常のつれづれを綴っていこうと思います。