記事一覧

交通事故頻発!!ドジ、バカな私

yjimage6K4IQIUM.jpg
 こんにちは、日曜日の朝はコーヒーでゆっくりしたいと願望があったこともありましたが、最近、行事のない週は曜日の感覚がなくなっちゃうんです。新聞を開いて、あっ、今日は日曜日かなどととぼけたことを思うさかやんです。
 
 ところで、昨日の相撲見られましたか。1敗の照ノ富士がヒラリと変わり琴奨菊を秒殺したあと、昨日肩を抑え病院へ救急車で運ばれた1敗の稀勢の里が鶴竜との一戦です。ここのところ政治家の突っ込み不足や官僚たちのつまらない答弁ばかりでしたが、さわやかな風を日本中に運んでくれました。予想通り稀勢の里は一方的に敗れましたが思わず涙が出る相撲でした。

 タイトルの「交通事故頻発」をご覧になって、何や春の交通安全運動は4月6日からなのに気が早いなあと思われた方もおられるかと思います。違うんです。皆さん長い人生を振り返ると死にそうになったことが何回があると思うんです。
 ブログで何回かに分けて自分の死にそうになったことを記事に書きたいと思います。
 タイトルの件は私の死にそうになった交通事故についてのことなんです。

yjimage1YGWMV6M.jpg

 寒い雪の降る日でした。その日、目覚めると夜中に気が付かないうちに吐いたのか枕やシーツが真っ黒に汚れていました。めまいもしたんですが、どうしても岐阜に行く用事があり車で高速道路を走っていました。
 何となくだるいなぁと思っていたんです。自分の体が斜めになっているような気がしてハッとしたとき路肩の雪の壁に車が乗りあげていました。
 ゆっくりと車が一回転して屋根を下にして道路の真ん中に落ちました。長い人生で初めてのことなので何をすればいいのかわからずモタモタしていました。後続のトラックやらバスの運転手が出てきて「しようがないなぁ。」などと言い車を一回転させるとロープで近くのパーキングまで引っ張ってくれました。そのあと警察の高速隊がきて事情聴取です。


 そのとき初めて自分の体が大丈夫なのか心配になりましたがシートベルトの威力なのか、スピードが落ちていたのか特に痛みもなく無事のようでした。事故の際トラツクの運転手の方なども車から這い出てきて元気なので救急車の手配もしなかったんだと思います。
 でも、車が一回転して落ちた場所が対向車線だった場合はどうなっていたのだろうかと思うとゾッとする事故でした。修理工場からは新車でしたが車は修理不能で廃車にするしかないと言われました。


 それから、10年ほど経過した時のことです。
 このときは特に体調不良でもなかったのです。くねくねした道をのんびりと走っていました。ポカポカと暖かい日でした。
 突然すごい衝撃がありました。エアーバックが二つとも膨らみ煙が出ていました。電信柱に衝突していたんです。ドジでしょう。以前と同じ事故です。完全に居眠り運転に陥っていたんですね。車の前の部分は大破していました。近くの人が通報してくれて警察車両と救急車、消防車がきました。首を固定され病院に担ぎ込まれました。舌を噛んでいたようで口から血が出ていました。
 衝突したのが電信柱でなく対向車だったら、崖から落ちていたら・・・・。今頃ブログを書いていることはできなかったようです。

 このときも修理工場からは新車でしたが廃車にするしかないと言われました。
yjimage85HH6MIS.jpg


 車の運転中は眠くなったら必ず休憩するようにしていましたし、どうしてこうなったのかわかりません。警察官は脳を検査したらどうだなんて言ってくれました。自分も一回目は体調不良と思っていましたので特に何も考えなかったのですが二回目はひょっとすると病気なのかも・・・なんて思ったりしました。
 

 前回、車で車中泊しながら旅に出る趣味があるとお話ししましたが、事故以降は旅に出るときは昼食後、短時間でも昼寝をすることにしています。また、入浴してからの長距離走行はしないことにしています。そして、車を二台もパーにしましたので、これまで入ろうなんて考えもしなかった車両保険に入っています。

 死にそうになった事故でしたが他の方を巻き込まなくてホントに良かったと神に感謝しています。
 
 前向きな話でなくてごめんなさい。それじゃ、また。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
50歳代で定年前に退職し何となく10年ほど経過した男性です。趣味もなく、得意技もなくこの先、乗り切っていけるかしらと不安いっぱいですが、まじめに正直に過ごしていきたいと思っています。