2017-04-07(Fri)

退職するって、大変なの?

4月7日 金曜日
yjimage246E00OA.jpg


 おはようございます。昨日は小中学校、大学などの入学式のニュースがテレビで流れていました。今月に入って公務員や企業の入社式も行われ、多くの方が新しい環境に挑戦されています。
 昨日、本屋で雑誌を立ち読みしていて「定年前後の手続き」、「老後のお金の話」などの本が並んでいるのを見て、新しい立場に立たれた方もおられるのですが、今まで属していた組織から自由になった方、組織を去らざるを得なかった方もおられるんだなぁと思いました。

BCD5A4EBA5D3A5B8A5CDA5B9A5DEA5F3.jpg

 私は、サラリーマンのときに総務にいたことがあるんですが退職された方に「我々は退職して、その後のことは何にもわからない。健康保険はどうなるのか。失業保険はどうなるのか。総務は教えてくれないのか。」と言われたことがあります。
 私は退職したことがないものですから、そんなことを言われても説明できるはずもありません。市役所だってハローワークだって業務上の打ち合わせ以外で行ったことなどないのですから。私の上司の方は「辞めたらそれで終わり、会社とは縁切れ。」と言われていましたので再雇用にならない限りはお会いすることもないのでしょう。

 
 私は10年ほど前に辞職願を書いて定年前に会社を辞めました。
 辞めたい辞めたいと思っていましたので、辞めた後の説明をしてほしいなどとは全く考えませんでした。定年前に職場を去る人はほとんどおらず、周囲の方は私を避けるようにしているような感じさえ受けました。


 実際に会社を退職して、そうも困ることはないということがわかりました。健康保険は会社の保険の延長手続きをとり、失業保険をもらうためにハローワークへ行って離職票を出しました。持株会などからはお金の振り込みなどの通知が来ました。
 あっけないものです。長年勤めた会社を辞めるというのは大きな出来事のような気がするのですが、送別会に出て最終日に挨拶して、それで終わりでした。


 一般には①健康保険は会社の任意継続か国民健康保険か、②年金の請求は繰り上げ支給など、どうすればよいのかなどと考えることがあるのかもしれません。
 また、定年の場合は雇用延長や再雇用といったことがあるのかもしれませんが、私の場合は定年よりも早く辞めていますので、会社からは何のお世話もありません。
 以来、長年勤めた会社とは一部の仲間との付き合い以外接点は全くありません。


 3月、4月の退職、就職行事があるときに、ふと自分が退職した時のことを思い出しています。あのときはただ辞めたいと思っていましたが未練はあったのかなぁなどと思うさかやんです。

 まだまだ、人生は先が長いです。第二の人生などとの言い方もありますが、新たに働く気持ちはありません。自分の人生ですから地に足をつけて充実させていきたいと思います。

 それじゃ、また。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

早期退職組

おはようございます。
自分も早期退職組でした(笑)。
56歳で退職しましたので、4年早かっただけですが・・・。
その後今の仕事にありつき12年目です(長)。
以前からは考えていましたが、突然だったので
周りでは不審に思ったようです(笑)。
任されていた部門の仕事の実績も順調だったのですが、
その仕事がいやになったわけです。
ある人からは「良い病院紹介するよ」と言われた
ほど理解されない退職だったのですね(笑)。
人間関係や毎年の数字に追われることに嫌気
を感じただけなんですが・・・(笑)。

自分の人生ですから

こんにちは、コメントありがとうございます。早期退職は周囲からみるとおかしなことのようです。年功序列でこれから高い給料がもらえるのに、標準報酬月額の高い時期がなくなると年金が低くなるなど・・・。わかっているんです。でも、辞めちゃった。自分の人生ですからというのが妻に対してもたった一つの言い訳です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

さかやん

Author:さかやん
こんにちは、50歳代で早期退職し何となく10年以上も経過してしまいました。日常のつれづれを綴っていこうと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR