FC2ブログ

記事一覧

高齢者の先々の生活不安

 12月3日 月曜日

 こんにちは。
 今日も北陸地方は20度近い暖かい日ですが、いよいよ週末は天気予報に雪ダルママークがつきました。
 週末寒波、一気に真冬になどと天気予報に書いてあります。いやですねぇ。
 低くて暗い空、降り積もる雪・・・・・・毎年のごとく嫌な季節です。


 ところで、先日暮れのボーナスが最高額を更新したとか、公務員の賃上げのニュースが流れていました。いいですよね。
 アベノミクスでは2%のインフレを目指していますので物価が上がり給料が上がると喜ばしいのですが、高齢者は働けなくなったら年金だけです。

  物価上昇があなたの老後を脅かす
  という記事がありました。記事はこちらです。


 こんな内容です。
 毎年2%物価が上がると100万円のものは30年後には・・・・100×1.02×1.02×1.02・・・・・で160万円になります。
 ところが、年金はマクロ経済スライドという仕組みがあり物価が2パセント上がっても年金は2%から0.9%引いた1.1%しか上がりません。
 それでは年金100円が30年後には……100×1.011×1.011×1.011・・・・で133万円になります。

 今まで100万円で生活できたものが物価は160万円になりますが、年金は133万円で、同じ生活はできないことになります。同じ生活をしようとすると27万円も不足してしまいます。300万円の生活だと81万円も不足するんです。
 この記事によると2パ―セントの物価上昇で年金は1.1%でしたが、その差はもっと大きいのかもしれませんし、小さいのかもしれませんが。

 マクロ経済スライドで年金は減っていくことは新聞記事などで知っていました。
 でも、まさかこれほどとは・・・・・。
 私なんか今の年金で貯金を少し崩していますが何とか生活していますが、こんなことになるなんてわかっていませんでした。 
 世間の人はわかっているのでしょうか。

macro001.jpg



yjimageC4ZLLD1R.jpg

 これじゃぁ、お金は使えずに節約するしかありません。
 アベノミクスで給料をも上げても若い人は将来に備えて貯金するでしょうし、高齢者は支出を減らさざるを得ません。

 どう考えても消費は増えず、デフレからは脱却できないことになりませんか?
 皮肉なことにそのお陰で物価は2%のインフレにならずに何とか生活できちゃうことになりそうです。
 この記事を読んでこのように思いましたが、これって合ってますか?
 もし、合っていれば「何が年金100年安心プランだ。バカ!」と政府を叱らなければなりません。

 年金が多い人に上限を設け、少ない人の分を減らさないとかしないとダメじゃん。一律減らすと生活できない人が大量発生しちゃわないかい。




にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

 こんばんわです。

年金なんて国家がやってるネズミ講詐欺ですからねえ。
その詐欺に乗っからないといけない我が身が辛い。

政策してる国家公務員の年金を国民年金と統合したら
少しは痛みが分かるんでしょうけど。

マイヤーさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
それにしても厚労省には腹が立ちます。
ただでさえ一般の人が理解しにくい年金制度なのに更に複雑怪奇にしているように思えます。

年金事務所の方もプロかと思えば違うんです。問い合わせをしてなんか変だなと電話で東京のセンターに聞いたら全く違うことを言うのです。年金事務所の職員も非正規化が進んでいるとはいえ、寂しい限りです。

将来不安

こんばんは。
来年の国家予算が100兆円!を越えるとか。いい加減にしろよと言いたいです。この事に対して、公務員の給料を減らせとか、国会や地方議員の数を減らせという意見が多いのも、何だかなあと感じます。私は公務員ではありませんが、公務員バッシングは、仲間内への攻撃で、うっぷんを晴らしているに過ぎないと思っています。

Re: 将来不安

オッカイポさん、ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
そうなんですねぇ。いよいよ国家予算は100兆円越えです。
本年度は97兆円でしたが、そのうち国債費が23兆円です。それらのお金を生み出すために新規国債を34兆円発行しています。

低金利の現在でも国債費が23兆円ですから、借金が膨れ上がる将来にどれだけの国債費が必要なのかぞ―とします。
私はオッカイポさんと少し違う意見なんですが、人口当たりアメリカの倍以上の国会議員がいること、地方議員が大昔の地方自治法により大勢いることには違和感を感じています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
50歳代で定年前に退職し何となく60歳代後半に突入しています。趣味もなく、得意技もなくこの先、乗り切っていけるかしらと不安いっぱいですが、まじめに正直に過ごしていきたいと思っています。