記事一覧

男おひとりさまの生き方

 4月17日 月曜日

 おはようございます。
 昨日は大分県日田市で28度もあったそうです。昨日の夕方のニュースではTシャツでソフトクリームを食べている映像が写っていました。北陸でも26度ありました。

 この時期は、タケノコが出てくるのですが、なぜか今年はスーパーにも少ししか並んでいません。そして高いのです。
 そうはいっても旬のものを食べたいさかやんは無理して1000円で小さいタケノコを買ってきてタケノコご飯を作って食べました。タケノコを買ってからの帰り道に新規オープンのガソリンスタンドがあり、カードを作ったらボックスティッシュ15箱くれました。
 大満足の日曜日でした。


 昨日の暇な時間は「男おひとりさま道」との題名の本を読んでいました。男性高齢者のシングル生活は悲惨だと言われますので、その予習をしておこうと思ったのです。
 内閣府の平成28年度版度高齢社会白書に次の記述があります。

 65歳以上の一人暮らし高齢者の増加は男女ともに顕著であり、昭和55(1980)年には男性約19万人、女性約69万人、高齢者人口に占める割合は男性4.3%、女性11.2%であったが、平成22(2010)年には男性約139万人、女性約341万人、高齢者人口に占める割合は男性11.1%、女性20.3%となっている。

 かなりの数ですね。どんな寂しくてつらい生活が待っているのでしょうか。
 昨日読んだ本には、その処方箋として男おひとりさま道10か条が書いてありました。

第一条 衣食住の自立は基本のキ

第2条 体調管理は自分の責任

第3条 酒、ギャンブル、薬物などにはまらない

第4条 過去の栄光を誇らない

第5条 人の話をよく聞く

第6条 つきあいは利害損得を離れる

第7条 女性の友人には下心を持たない

第8条 世代の違う友人を求める

第9条 資産と収入の管理は確実に

第10条 まさかのときのセーフティネットを準備する


 本当に心からの付き合いがあり、相談相手だったのは妻だけのような気がします。そして、その妻がいなくなって一人になった時に生きて行けるのだろうか。体力はどんどん低下し、理解や判断能力も低下していきます。
 それを踏まえて10か条を読むと納得です。やがては一人となり、更に施設介護をお願いしないと生きていけない時が来ます。その時まで10か条をしっかりと生活に定着させないといけないなぁと思うさかやんです。


 それでは、また。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント