記事一覧

ショック!エコキュートの水漏れ

 5月9日 火曜日 曇り

 今日はイオン火曜特売の日です。卵1パック98円狙いで早起きして臨場するさかやんです。
 昨日から山火事情報が延々と報道されています。特に大きいのが釜石でしょうか。いまだに(午後8時現在)鎮火していないとのことです。避難されている方は大変な夜を過ごされることと存じます。お見舞い申し上げます。


 さて、我が家のエコキュートですが、水漏れを発見して様子を見ていたのですが全く改善の様子がなく、このままでは・・・と思い、いろいろと動き始めました。
 おわかりですか、本体の前が水で濡れています。

DSCN0864.jpg

 点検用のフタを開けてみます。
DSCN0865.jpg

 フタの上の部分からポタリ、ポタリと水滴が落ちています。
DSCN0873.jpg

 まず、近所の建設会社社長を呼び出します。「こんなことになっているけどどんなもんか。」と抽象的なことを言って反応を見ます。「いやぁ、自分はやれ、と言っていただけで詳しくないのよ。」などと逃げられます。

 次は、メーカーに電話して修理依頼です。正確には修理が必要かどうかの確認です。
 「エコキュートのタンクの前が水で濡れているので下部のフタをとってみると3か所ほどで水滴が数秒に一回程度落ちてきている。どうしたもんだろうか。」
 「エコキュートはお湯を沸かしていますのでどうしても水が膨張してあふれてしまいます。そのことなのか、又はタンクに穴が開いているのかということですね。」
 「症状は申し上げている。どちらなのか。」
 「何とも言えないのですが・・・・。」
 「わからないなら点検したほうが良いのか。出張費だけで1万4千円ほどかかると聞いている。」
 「そうですね。お話だけ聞くと穴が開いている水漏れでないような感じがしますが、そうでないような感じもします。」

  だんだんイライラしてきます。具体的な症状を言っているのに断定しない担当者です。
 このまま話していてもどうにもならないので担当者に点検に来てもらうことにしました。この時点で1万4千円は痛いのですが仕方ありません。


 それにしても、修理受付担当者は初めから「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。」と先手を取り、話をしていても「すいません。」とか「ご不便をおかけして申し訳ありません。」とか言うんです。
 トラブルにならないようによく訓練されています。


 結局は水漏れかどうかも分からずに明日点検修理に来てもらうことになりました。
 その結果は明日、報告しますね。全国のエコキュート導入家庭の皆さん、我が家は導入して7年しか経過していません。故障ならあまりにも早くありませんか。だって工事費を含めて随分と高かったんですよ。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
こんにちは、50歳代で早期退職し何となく10年以上も経過してしまいました。日常のつれづれを綴っていこうと思います。