記事一覧

シルバー人材センター

 5月23日 火曜日
 
 こんにちは、今日もいいお天気です。北朝鮮のミサイルと一緒でいつまで続くのでしょうかと思うさかやんです。

 さて、今日は2月に申し込んでいたシルバー人材センターからお仕事紹介があり、出向きました。
 約束の時間に訪ねると、まずは入会手続きをということで2500円会費を集金されます。シルバー人材センターはお仕事紹介をしたときに会費を集めるようです。でも、そのお仕事が自分に合わなければどうなるんだろうと疑問がわいてきました。
 
 入会の書類を配布され、都合のいい時に提出してください。日付は書かない又は今日の日付にしてくださいと説明を受けました。
 うーん、そんなものかと思いました。

 次に、お仕事の場所へ案内しますからと私の車と2台で向かいました。
  市の施設の受付業務がお仕事でした。今働いている人が3人、市の担当者が一人来ておられました。市の担当者にはあいさつしましたが他の人は自己紹介もなしです。市の担当者と働いている3人が、「せっかく集まったんだから働いていて何か不都合でもないかね。」などと話し始めました。市の担当者は滅多に顔を出さないのでしょうか。


 おいおい、これだけ集まったのは何のためなんだと思いつつ、初顔合わせでしたので黙って聞いていました。
 そのあとで、中心的な人と思われる人がペーパーを2枚私に渡して仕事の説明を私にし始めました。ところどころで以前から働いている別の人が市の仕事だから間違いがあってはならないなどと説教のようなことを言います。


 順番に書いていると、「それがどうした。」と言われそうですね。途中、省略します。
 結局、仕事の内容を説明されて、「話だけでは分からないだろうな。これから見習いに来て覚えないとな。見習いに来るときは電話してくれ。」とのことでした。
 そりゃそうでしょう。この年だから、話された半分も覚えていませんし、自分たちがわかっていることを何もわからない私に話すのですからね。受付票や業務日誌などの書類だけでも5,6枚あります。

 そのときにわかりました。シルバー人材センターというのは交通費も訓練のために出勤するのも自前なのだということが。


 なるほど。何でも経験ですね。
 私は訓練のために出勤するのにお金をもらおうとは考えない人間なので特にこのことには不満はありません。
 でも、新しい人に仕事をしてもらうときの対応としてはこんなものなのでしょうかと疑問が・・・。私が甘すぎるのかもしれませんね。


 今日は、知らない世界を知ることができました。自分の知っている世界が狭すぎたのかもしれませんね。
 


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
こんにちは、50歳代で早期退職し何となく10年以上も経過してしまいました。日常のつれづれを綴っていこうと思います。