記事一覧

初めての環境センターの利用

 5月26日 金曜日

 こんにちは、早いもので週末に入ります。そういえば今日はプレミアムフライデーです。会社勤めの方など盛り上がっているのでしょうか。
 今日は、家の中をひっくり返して片づけ始めました。まだまだかかるのですが、とりあえず一回目の片づけです。

103.jpg

 押入れをひっくり返していると、カビ臭いにおいが漂い使っていない布団や座布団がありました。
 また、子供たちが小さい時に使っていたベビー布団もあります。使っていない座椅子がいくつもあります。

 次に物置を見ると、レジャーテーブル、パラソル、以前使っていたカーペット、スキー板、スキー靴など今は使わない物がたくさんあります。


 今日片づけ始めたのは、今まで使ったことのない環境センターへ粗大ごみを持ち込んでみたいと思ったからです。今は夫婦二人の我が家ですが、子供たちの小さい時のレジャー用品やランドセルが残っています。そのほか今となっては使わないものがたくさんあり、これらは町内のゴミ収集では持っていってもらえないのです。そこで環境センターへ行ってみたのです。

 ワゴンRの後部座席に、布団二人分、座椅子2個、カーペット2枚、スキー板と靴1セット、レジャーテーブル、パラソル、ランドセル2個、物干しざお2本などを無理やり積み込み出発です。

 環境センターに着きました。受付の前に大きな鉄板があります。わからないのでもたもたしていると「鉄板の上に車を乗せてよ。」と言われました。
 仕組みがわかりました。重量を計量して、帰りにもごみを捨てて計量します。その差10キロにつき70円請求される仕組みです。
「初めてか。誰かつけてやるからな。」と言われ、係員の案内のもとゴミの種類別に所定の場所に捨てていきます。


 60キロ420円を帰りに受付で支払いました。受付の人から「要領がわかったやろから、また使ってくれ。」と声掛けされ帰ってきました。
 気が小さいので初めての利用はドキドキでしたが親切に対応していただきました。


 そのあと掃除をして、町内会のゴミ収集の際に出すゴミの整理をしました。粗大ごみでなく1メートル以内の不燃物は町内会のゴミ収集に出せます。
 故障して捨てるプリンターなど。
DSCN0954.jpg

 足の踏み場もなかった物置はスッキリです。右のビニール袋が捨てるゴミです。

DSCN0955.jpg

 プランターなど園芸用品のプラスチックゴミを収集日に出せるようにまとめました。
DSCN0953.jpg

 掃除をして不用品を捨てると気持ちいいですね。押入れは布団2組分、物置も広いスペースができました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

我が家も四月末に粗大ゴミセンターに行ってきました!
我が家は三姉妹ですが末っ子が小学校を卒業を気に大掃除…
市からトラックを借りて捨ててきました。長女はもう高校生なので勉強机、それに末っ子の幼児自転車、3人の幼児期のおもちゃ全部、ランドセル3つ…ランドセルに関しては3つとも綺麗だったのですけど置いても邪魔ですし使わないですもんね…
粗大ゴミセンターに着くと目の前には収集車が一台待機されててそこに投げ捨てる形でした!
勉強机も簡単に破壊でしたし、自転車も変形して潰されてました…
おもちゃも流しこまれた時は
潰した時に粉々になって破片が飛び交ってて…ランドセルなんかも簡単にぺちゃんこ…ゴミって悲しいなぁって思いました。

rinaさん、おはようございます。

コメントありがとうございました。今まで使っていたものって思い出があって捨てれないですよね。捨てないと場所を取り困ることはわかっているんですけど。思い切って机やランドセルを処分されて、複雑な気持ちを持たれたんじゃないかと思います。

やっぱり思い出のものとかが捨てた物には沢山あったので収集車に入ってるシーンを見てしまうと悲しくなりますよね…でもどれももう使わないゴミでしかない物なのでこれは仕方ないですし…少し後悔というか後から知ったらのはランドセルが寄付できることですね…捨てた数日後にママ友さんからお誘いが来て知ったのですが少し前に全部捨てたことを話すとびっくりされちゃって…笑
ランドセル3つも捨てるんですからね…他には体験はできないですし
絶対に収集車に入っていくランドセルなんかは忘れないですね…見たことないカタチに潰れましたし…

ランドセルは寄付できるんですか?

rinaさん、おはようございます。そうなんですか。ケチとかいうのではなく、家の中の不用品を無料で交換できる場があればいいなぁと思ったりします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかやん

Author:さかやん
こんにちは、50歳代で早期退職し何となく10年以上も経過してしまいました。日常のつれづれを綴っていこうと思います。